ベニスに死す

ベニスに死す
1971年製作/131分/イタリア・フランス合作 予告動画を検索

動画配信

U-NEXT(ユーネクスト) U-NEXTで検索
31日間無料

TSUTAYA TV(ツタヤTV) TSUTAYA TVで検索
30日間無料

キャスト・スタッフ

監督
脚本
原作
-
出演
音楽
製作

みんなのレビュー

【投稿されたコメントをシェア】
秀逸なコメントをSNSに投稿して
ベニスに死す」を
布教しちゃってください!
  • モビート
    2020/09/20

    ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画。初老の作曲家がベニスに避暑へ。そこでこの世のものとは思えない美少年に出会い恋に落ちる。今の映画では考えられない程ゆったりした映画。映像は絵画的に美しいし、ビョルン・アンドレセンは絶世の美少年。ある程度年齢を経て見ると初老の作曲家の気持ちも理解できる。

  • すてい
    2020/09/20

    何度見ても難解。でも今度こそは、と見てしまう。美しい映像、美しいマーラーの音楽と、この物語の核となる絶世の美少年。ルキノ ヴィスコンティの代表作といえば、私にとって至高のこの作品です。

  • 鳥取島根
    2020/09/20

    冒頭、海を走る船のバックに流れるマーラー交響曲第5番第4楽章アダージェット。聞きながら画面を見つめるうちに酔うように映画の中に飲み込まれていきます。ストーリーは奇跡のように美しい少年タージオのとりこになった老作曲家が、疫病が流行る街を去ることもできず追い続けるというもの。少年の美しさと老醜をさらけ出すように描いたヴィスコンティの痛烈な美意識に打ちのめされました。重厚な映像は一見の価値があります。

  • バチカーーーン
    2020/09/26

    効果的に使われるマーラーの交響曲。美しい青年俳優と強烈に彼に惹かれる老作曲家、疫病の流行など美と醜、退廃と洗練の対比が素晴らしい映画です。ヴィスコンティならではの重厚な映像を楽しんでほしいです。

【コメント募集中】
ベニスに死す」の
おすすめのポイントを
自由に紹介してください!