リディバイダー|動画配信情報・感想・評価・解説

リディバイダー
2017年製作/91分/イギリス 予告動画を検索

動画配信

U-NEXT(ユーネクスト) U-NEXTで検索
31日間無料

TSUTAYA TV(ツタヤTV) TSUTAYA TVで検索
30日間無料

キャスト・スタッフ

監督
脚本
原作
-
出演
音楽
製作

「リディバイダー」をサクっと解説

ライター/ジョセフ

見たい映画はDVDや動画配信サービスではなく、なるべく映画館に足を運んで見るようにしています。これからも素晴らしい映画との出会いを大切にしていきたいと思います。

作品概要

「リディバイダー」はティム・スミット監督によって製作されているSFアドベンチャーです。

女子高校生と強盗グループがバトルを繰り広げる「タイガー・ハウス」から、YouTubeでの視聴回数が記録的となった「What’s In The Box」まで。

アクションドラマや短編映画のビジュアルエフェクトを手掛けてきた、新進気鋭の映像作家が劇場長編デビューを果たしました。

ブラット・ピット主演の「ザ・メキシカン」やクリストファー・ノーラン監督作「プレスティージ」等、数多くのヒット作を世に送り出してきたプロデューサーのアーロン・ライダーが製作総指揮を執っています。

オリジナルサウンドトラックの作曲を担当しているのは、オランダでDJとしても活躍しているドン・ディアブロです。

極秘の任務を与えられた主人公が、地球をコピーしたエコー世界に隠されている恐るべき秘密に迫っていきます。

あらすじ

人類は未曾有のエネルギー危機を乗り切るために、もうひとつの地球「エコー・ユニバース」を創り上げました。

この世界と全く同じ「エコー世界」とも呼ばれているコピーから、巨大な塔を通じて無限の電力を供給するシステムを確立します。

エコー世界からの送電を一手に引き受けて、世界的なエネルギー産業へとのしあがったのがアルタプレックス電力です。

ある時にアルタプレックス電力は、かつて宇宙飛行士として活躍していウィリアム・ポーターをスカウトします。

ウィルに与えられた任務は自宅から塔の正常な稼働を監視することと、過激な環境団体から塔を守ることです。

次々と難関な任務をクリアしていくウィルでしたが、会社がひた隠しにしてきた重大な秘密を知ってしまうのでした。

ふたつの世界を行き来する俳優たち

主人公のウィリアム・ポールを演じているのは、1982年生まれでイギリス・ロンドン出身のダン・スティーブンスです。

エマ・ワトソンと2017年に競演した「美女と野獣」では優雅なダンスシーンを披露していましたが、今作ではアクションシーンの数々が迫力満点でした。

高い知能と身体能力ばかりではなく、シングルマザーの妹や幼い甥っ子を気遣う心優しい一面も持ち合わせている役も似合いますね。

ウィルを不可思議な世界へと導いていく案内人、アビゲイル・ヴォスの役に扮しているベレニス・マーロウもミステリアスです。

人気のスパイシリーズ「007 スカイフォール」ではボンドガールに抜擢されているだけに、敵か味方か幻惑されてしまうでしょう。

映画前半での美しく聡明なキャリアウーマン的なキャラクターから、中盤以降の予想外の豹変ぶりにも注目して見てください。

未来から今の危機に迫る

近未来の世界をテーマにしながらも、差し迫ったエネルギー問題や環境破壊への鋭い考察が込められていました。

化石燃料や天然ガスの枯渇に代表されるような、資源の深刻な不足は正にタイムリーな話題になっています。

エネルギーの消費量が今後10年で3倍に増加するなど、非情な数値が目の前に突き付けられて暗澹たる気持ちにさせられるはずです。

太陽光発電や風力発電を始めとする、クリーンエネルギーとされている発電方法の意外な盲点を捉えていて考えさせられました。

「クリーン、シンプル、安全」を全面的にアピールするアルタプレックス電力には、9・11以降も稼働を続ける原子力発電所を彷彿させます。

もうひとつの地球という荒唐無稽な物語の中に、現実の世界を正しく導くためのヒントが隠されていて面白いです。

ゲーム感覚の斬新な映像

プレイヤーの視点から進行していくテレビゲーム、ファーストパーソン・シューティングで遊んでみた経験はありませんか?

本作品も映画を見ている観客自身が、主人公・ウィルの目線から冒険しているかのような気分を味わうことが出来ます。

スミット監督が得意とする最先端技術を駆使したVFXもふんだんに使用されていて、バトルシーンの臨場感は抜群です。

画面上には自分の体力ゲージや、ミッション終了までの残り時間のカウントダウンまでが表示されていきます。

複数のドローンを飛ばした空中からの撮影や演出も、体感型のゲーム感覚を盛り上げていくには効果的でした。

ブルーレイや動画配信サービスなどを利用して自宅で観賞する際には、ヘッドフォンを装着するのがお勧めですよ。

愛するふたりのために戦う戦士

オープニングショットから映し出されていくのは、宇宙船のプラモデルで夢中になって遊んでいる男の子の横顔です。

精神的なショックから言葉を奪われてしまったドニーを見守っている母親のミアと、彼女の兄である主人公・ウィルの不安げな眼差しも印象的でした。

ふたりの生活を守るために、雇われ先から与えられる危険なミッションへと挑んでいくウィルの姿が勇ましく映ります。

頭脳明晰な科学者でありながらNASAに所属して宇宙にまで行ったという、そのパーフェクトな経歴も魅力的です。

ミアとドニーの将来をアルタプレックスが保証することを交換条件として、ウィルはこれまで以上の危険任務を引き受けます。

塔をよじ登る反逆者たち

世界のエネルギー市場を掌握する巨大企業、アルタプレックス電気会社が打ち建てた巨大なツインタワーが威圧感たっぷりでした。

敵対勢力や産業スパイから塔をガードするために、防衛用に改造したドローンまで飛ばしてしまうほど徹底しています。

環境を保護するためには如何なる手段も辞さない、過激な活動団体「レベルズ」とのバトルがスリリングです。

かつてはアルタプレックスに務めながら、あっさりとレベルズに寝返ってしまうマイケルの節操の無さには呆れてしまいました。

マイケルからの衝撃的な告白を受けたウィルの心の奥底にも、徐々にアルタプレックスへの不信感が募っていきます。

禁断の箱を開ける

現世界かエコー世界かどちらか片方の存在を消滅させてしまう、強大なパワーが秘められた箱の存在が驚きです。

ありとあらゆる災厄を地上へともたらした、ギリシャ神話に登場するパンドラの箱を連想してしまうかもしれません。

世界をふたつに増やしてしまうという神をも恐れぬ者たちが犯した暴挙への、宇宙からのしっぺ返しが辛辣でした。

テクノロジーの進化をひたすらに追い求めていたアルタプレックス、急進的な思想にとり憑かれながらも自然への敬意を忘れなかったレベルズ。

ふたつの団体の命運を分けることになった終盤の急展開と、その狭間で悩んだ末にウィルが下した決断が圧巻です。

こんな人におすすめ

ラストシーンでウィルが手のひらの中に握り締めていた、甥っ子からの思わぬプレゼントにはホロリとさせられました。

現実の世界とエコー世界とを行き来しているうちに、何時しか自分自身を見失っていくウィルの姿が心に残ります。

地球上の限られたエネルギーを奪い合うのではなく、分かち合うことの大切さを噛み締めてしまうストーリーです。

遡ると魔女伝説をカメラに収めようとした学生たちの恐怖体験をテーマにした「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」から、ごく最近では誰しもが知るあの宇宙計画の闇に迫る「アポロ18」まで。

古今東西の主観ショットを売り物にしたPOV映画がお好きな皆さんは、是非ともこの1本をご覧になってください。

みんなのレビュー

【投稿されたコメントをシェア】
秀逸なコメントをSNSに投稿して
リディバイダー」を
布教しちゃってください!
【コメント募集中】
リディバイダー」の
おすすめのポイントを
自由に紹介してください!